横浜女子短期大学 保育科

  • 学生募集要項(願書)
  • お問い合わせ:045-835-8108
キャンパスライフ

就職実績

就職決定状況/求人園数

卒業生のほとんどが、保育士証、幼稚園教諭二種免許状の資格を活かして、保育所、幼稚園、認定こども園に就職しています。
(下記の就職決定状況の箇所では、認定こども園就職決定者については、配属状況によって保育所または幼稚園にふりわけています。)

●過去3年間の就職決定状況

●過去3年間の就職決定状況

●幼稚園・保育所及び福祉施設求人園数3年間推移

●過去3年間の就職決定状況

就職サポート

※この表は横スクロールします。

1学年 2学年 1学年 2学年
4月 就職ガイダンス 1・2 就職ガイダンス 1・2 10月   10月
就職ガイダンス 10~16
横浜私立保育所ガイダンス
個別指導
応募書類の提出
受 験
5月 就職ガイダンス 3 就職ガイダンス 3
模擬試験/個人面談
11月  
6月 就職ガイダンス 4 就職ガイダンス 4・5
保護者向け説明会
12月  
7月   7月
就職ガイダンス 6~9
就職用写真撮影
横浜市幼稚園協会説明会
1月 就職ガイダンス 5  
8月   2月   内 定
9月     3月   採用前研修

※公立の職員採用試験の時期は市町村によって異なります。(8~11月頃)

4月   赴 任

進路

毎年、本学の卒業生のほとんどが、保育士資格、幼稚園教諭免許を活かし、希望する保育・幼児教育の道に進んでいきます。本学は保育科単科の保育者養成校として長い伝統を持ち、多くの卒業生が保育の現場を支えてきており、現在も活躍し続けています。その結果として、特に神奈川県内の保育所、幼稚園、認定こども園、児童福祉施設としっかりした信頼関係が築かれており、毎年毎年、卒業者数を数倍も上回る程に多くの求人が届きます。そして、実際に学生の専門職(常勤)への就職に結びついています。

キャリア支援室

本学では、学生が保育者になるという希望を実現できるように、就職に係わる教育・支援を担うキャリア支援室を設置しています。キャリア支援室では、各自の個性、適性も十分に把握した上で、学生一人ひとりの意志、希望を大切に考え、各自にあった進路決定が実現できるように指導・支援をおこなっています。そのために、担当職員が常時相談、指導に対応しています。

キャリア教育支援プログラム

作文や一般常識の模擬試験の受験もできるようにしています。そして、これらのプログラムと並行して、自分にあった就職先を積極的に探し、選択、受験、合格できるように、個別面接などを通じて実践的アドバイスをすることで、学生一人ひとりの夢の実現を支援します。

内定者VOICE

横浜市職員として内定をいただきました

R.Mさん 神奈川県立横浜清陵総合高等学校出身

高校1年生のときに横浜市の保育所でボランティアを体験し、それがきっかけで、公務員になりたいと考えるようになりました。実際に公務員試験の勉強を始めたのは短大2年次の7月。筆記試験まで時間がなかったのですが、先生方からは小論文の傾向や専門科目の勉強方法をていねいに教えていただきました。また並行して面接の練習や質問対策の指導も受け、夏休みはひたすら勉強の毎日を過ごしました。そして、9月の筆記試験、10月の面接を経て内定を獲得することができました。2カ月間という短い時間で合格できたことは、先生方の指導のたまものです。ありがとうございました。

先生方の助言もあり母園に就職が決まりました

K.Iさん 神奈川県立氷取沢高等学校出身

就職を具体的に意識し始めたのは、2年次の幼稚園での教育実習がきっかけです。それまでも就職ガイダンスなどで就職の基礎知識を学んだり、キャリア支援室で模擬試験や個人面談などのていねいなアドバイスを受けたりしました。就職先は、1年次と2年次のときの実習先である2つの幼稚園から声をかけていただき、どちらにするか悩んでいたのですが、両親やキャリア支援室の先生に相談し、母園でもある1年次の実習先の幼稚園に決めました。迷っていたときには、キャリア支援室の先生方に何度も話を聞いていただき、最後は適切なアドバイスで決めることができました。

入試に関するお問い合わせ、キャンパス見学、入試相談会のお申し込み

  • 受付時間:平日9:00〜17:00:045-835-8108
  • インターネットでのお問合せ
  • オープンキャンパス情報
メール
ページトップ
大学案内資料請求
TEL:045-835-8108