横浜女子短期大学 保育科

  • お問い合わせ:045-835-8108
  • 大学案内資料請求
  • アクセス

実習

実践から生まれる、ひとりひとりのストーリー。

横浜女子短期大学の実習は、1年次5月の見学実習からスタートします。
幼稚園や保育所の見学を通して、それぞれの機能を学び、保育者の保育方法・内容、 子どもたちの様子を知ることで、保育者の第一歩を踏み出します。 さまざまな体験をすることで、保育に大切な観察眼と実践力を鍛え、保育者として成長していきます。

●教育実習/幼稚園

●教育実習/幼稚園

角 舞香 / 私立白鵬女子高等学校出身

幼稚園のころ、担任の先生のことが大好きでした。ピアノ が上手でとても優しい先生に出会ったことで「私も先生みたいになりたいな」と、その時に思いました。幼稚園の先生になる ために、はじめは4年制大学を目指しました。でも、高校の先生が面白い考え方を教えてくれて、考えが変わりました。「職 場に入ると、短大卒の人は先に2年働いているから、そこで差が出るよね」と。2年制は短いけれど、実は仕事経験を長 く積めると気づいて、卒業後すぐに働くことができる横短への進学を決めました。実際に入学したら、先生がとても優しくて 安心しました。実習前に不安な時も相談にのってくれるので、横短に決めて本当によかったです。譜面すら読めなかったピ アノも、個別授業でしっかり教えてくれるので弾けるようになり、実習にも楽しく臨むことができました。幼稚園での実習中は、 自分ひとりでクラスをまとめる機会をいただきました。子どもたちに絵本を読んだり、一緒に工作をしたり。最終日には、 子どもたちが素敵なプレゼントを渡してくれました。ハートを連ねたクローバー型の折り紙に、「せんせい、いっしょにあそ んでくれてありがとう」の文字。もう、本当に可愛くて、嬉しかったです! 憧れの先生を追いかけて、保育者の道を選んでよかった。私自身もいつか誰かの心に残る先生になれたらと願いながら、これからも一生懸命この道を進んでいきます。

●保育実習Ⅰ-Ⅱ/保育所

●保育実習Ⅰ-Ⅱ/保育所

野田 真希 / 私立神奈川学園高等学校出身

 私は3人姉弟の長女で、小さい頃から弟と従姉妹のお世話 をしていました。「子どもって可愛いな、一緒にいると楽しいな」と思い、保育に興味を持ち始めました。  その後、高校の先生のアドバイスで横短への入学を決めました。横短ではたくさんの新しい出会いがあり、保育の面白 さにのめりこんでいきました。毎日、楽しいです。横短は保育科単科大学なので、友達もみんな同じ夢を志しています。だ からこそ、授業の合間のちょっとした時間でも「どういう保育がいいと思う?」など、毎日保育の話をして盛り上がっています。 実習が始まってからは、保育についての議論がさらに白熱しました。それぞれの実習先で体験した保育について話し合うと、 自由放任主義やモンテッソーリ教育など、様々な教育の考え方があることに驚きます。友達と話すたびに新しい考え方の 引き出しが増える、こんな面白い環境は横短ならではと感じています。私の実習先は、子どもの主体性を大切にする保育所 でした。たとえば、「走っちゃだめ」ではなく「歩こうね」と否定せずに声を掛けます。すると、たった一つの声掛けでも子 どもの行動が変わり、小さなことの積み重ねがとても大切だということを学びました。実習に行くたびに新しい発見があって、 いつも自分の価値観が揺さぶられます。 これからも様々な保育の形に触れながら、子ども一人ひとりの 気持ちを汲み取り行動できるよう、しっかりと学んでいきたいです

●保育実習Ⅰ/児童養護施設

●教育実習/幼稚園

新倉 優子 / 私立平塚学園高等学校出身

保育に興味を持ったのは、高校3年生の時でした。中学か ら吹奏楽部に入っていて、自分が好きな「音楽」と「子ども」の両方に関われる仕事だと考えたからです。高校時代の憧れの 先輩が横短にいたので、入学を決意しました。 横短の魅力は、附属の実習施設が多くあることです。幼稚 園と保育所だけでなく、児童養護施設もあります。様々な現場で実務経験を積めるので、保育者として成長できます。児童 養護施設には、何らかの事情で親と離れて暮らす3歳から18歳の子どもたちが住んでいます。実習では12日間泊まり込み、 一緒に生活しました。はじめは戸惑いましたが、中高生とは年齢が近いこともあり、打ち解けていきました。一番心に残って いることは、おとなしい中学生の子と、共通の趣味の話で意気投合したこと。それからは時々、彼女から話しかけてくれました。 時々なんですけど、その時々が嬉しかったです。最終日には「ありがとう」と言ってくれました。施設の先生によると、彼女から 実習生に話しかけたことは今までなかったそうです。 保育者でもあり、母親の代わりでもある。実習を経験して、 子どもの気持ちに寄り添うことの大切さを学びました。また、家族と一緒に暮らせる自分の環境が当たり前ではないことに も気づきました。「一日一日を大切に生きよう。」そう心掛けるきっかけとなったこの実習は、保育者として、そして人間として、 自分を少し成長させてくれました。

実習の種類と日程

配属について:実習Ⅰは実習生の通勤時間などを考慮して配属します。

  実習 実習先 期間
1年次 見学実習(教育) 附属幼稚園 5月(1日)
1年次 見学実習(保育) 関連実習施設等(保育所) 6月(1日)
1年次 教育実習 県内幼稚園 9月(10日間)
1年次 保育実習Ⅰ(保育所) 県所管・横浜市・川崎市の公立保育所 2~3月(12日間)
2年次 保育実習Ⅰ(施設) 児童養護施設 4月~12月(12日間)
2年次 教育実習 県内幼稚園 6月(15日間)
2年次 保育実習Ⅱ・Ⅲ 県内保育所/入所・通園施設※ 9月(12日間)

※入所施設=乳児院・児童養護施設・障害児入所施設
通園施設=児童発達支援センター

5つの附属関連実習施設

横浜女子短期大学は、附属幼稚園のほかに、保育所を3つ、さらに児童養護施設を関連実習施設としてもち、幼児教育、保育・児童福祉の現場と密接に結びついた実践教育を展開しています。

幼稚園 横浜女子短期大学附属幼稚園

幼稚園 横浜女子短期大学附属幼稚園

昭和45年、横浜女子短期大学附属の幼稚園として開設されました。
赤いトンガリ帽子が印象的な園舎で最初の実習が始まります。

住所:横浜市磯子区洋光台3-3-30

保育所 中村愛児園

保育所 中村愛児園

明治32年創設の警醒小学校附属教育所を前身とし、大正13年に中村愛児園と改称。
わが国で最も古い伝統をもつ保育所のひとつです。

住所:横浜市南区平楽133

保育所 高風保育園

保育所 高風保育園

明治38年相沢託児園として発足。戦後、高風保育園と改称し、今も横浜の子どもたちを育て続けています。

住所:横浜市中区本牧元町72-1

保育所 白峰保育園

保育所 白峰保育園

創始者平野 恒が掲げた理念をもとに、さらなる保育の質の向上を目指し、
横浜女子短期大学隣接地に平成26年4月1日開園しました。

住所:横浜市港南区港南台4-6-15

児童養護施設 高風子供園

児童養護施設 高風子供園

昭和21年、戦後の児童福祉の幕開けに生まれた児童養護施設です。
木下恵介監督の映画「記念樹」の舞台ともなった、子どもたちの「幸せの家」です。

住所:横浜市中区本牧元町72-1

入試に関するお問い合わせ、個別キャンパス見学、入試相談会のお申し込み

メール
ページトップ
大学案内資料請求
TEL:045-835-8108