建学の精神・教育理念と3つの方針

建学の精神「愛と奉仕」と教育理念


クリスチャンであった平野恒により創立された本学は、『キリスト教の「愛と奉仕」を精神の礎として社会に貢献する人材を育成する』ことを建学の精神としています。
この建学の精神に則り、保育科単科の本学では、『キリスト教の「愛と奉仕」の精神を育む人間教育、教養教育によって、女性としての人間性をより豊かなものとし、「保育者養成の道ひとすじに」、児童の福祉と幼児教育に関する専門的知識と実践による技術を教育することを通じて、子どもたちの「豊かな育ち」を支えることができる、「愛」に満ち、「人間性」と「実践力」に優れた、さらに「自己成長力」を備えた保育者を育てる』ことを教育理念・教育目標としています。



入学者の受け入れ方針:アドミッション・ポリシー「どのような人物を求めるか」


本学の教育理念にある通り、人のため、社会のために「愛と奉仕」を実践、実現できる保育者を志し、本学(保育科)での学修を達成するために必要な学力を含めた諸特性を備えた人物を求めます。

「本学が求める人物像」は

●保育者をめざす強い目的意識をもっている
●他者を理解し思いやる心をもっている
●保育者にふさわしい以下のような人柄・能力をもっている
●明朗さ  ●社会性  ●協調性  ●奉仕の心  
●マナーを含めた社会常識  ●自己表現力  ●国語力(特に文章表現力)

このように、心豊かで、社会性のある、コミュニケーション能力に優れた人に、ぜひ入学してもらいたいと願っています。
具体的に高校までに習得すべき内容等として、保育・幼児教育に携わる保育者になるということから当たり前の ことと思いますが、

●コミュニケーションの基本である「挨拶」ができること
●社会的規範・ルールを順守することができるといったことも含めた「社会常識」を有していること
●自律的に心身の健康を維持する生活をおくっていること

を挙げておきます。

将来保育者として、子どもと関わるためにできるだけたくさんの知的な引き出しを用意しておくことも大切です。
そのために、本学に入学してからも多くのことを学びますが、高校での学習の段階においても、3年間を通じて、特定の教科に限定することなく、幅広く、全教科に渡って、しっかり学習に取り組んでいることが大切にな ります。
また、保育士資格や幼稚園教諭二種免許状の取得要件となる科目を全て学習していく必要があることからも、苦手な科目にも取り組もうとする基本的な学習姿勢、学習意欲を持っていることが重要になります。

そして、「本学が求める人物像」の項目にも掲げましたが、「国語力」は保育者にとって特に大切な能力です。
保育の現場では、日誌など種々の記録・書類を作成し、連絡帳を書き、クラス便り等を発行することが日常的仕事に含まれていますし、実習でも日誌記録作成等は必須です。
このようなことから、現代国語、現代文に関連する科目の習熟度は概ね平均的水準以上であることが要件となります。
(余裕がある人は、入学までに、漢字検定の少なくとも準2級、できれば2級の取得が望ましいでしょう。)

平野恒

卒業認定・学位授与の方針:ディプロマ・ポリシー 「どのような人材を育成するか」


保育科単科の本学で学修を進め、「愛と奉仕の精神」を育み、保育の現場で活躍できる教養、専門知識、専門技術を身につけ、以下のような《学修成果》について一定水準に到達した者で、学則に定める所定の単位を修得した者に「短期大学士(保育学)」の学位を授与します。あわせて、必要な単位の修得により、保育士証と幼稚園教諭二種免許状を取得できるようにし、全人格的に社会に貢献できる保育者を育成します。

Ⅰ.人として求められる基本的資質・能力

1.人としての基本的資質
①人に温かに愛情を持って接することができる(愛)
②進んで人のために役立つ行動をとることができる(奉仕)
③自己肯定感をもち、学びや自己成長への意欲と行動力をもっている(自己肯定・自己成長)

2. 社会人としての3つの基礎力
① 周囲の人と適切なコミュニケーションをとることができ、連携・協働することができる(基本的な対人関係能力)
②自分を大切にし、自主的・主体的に行動できる(自習性・主体性)
③行うべき課題を理解し、それをやり遂げることができる(課題遂行能力)


Ⅱ.保育者となるために必要な基礎的資質・能力

① 教育的愛情をもち、保育者としての基本的な使命感・責任感をもっている
② 保育者として、子どもや保護者、保育者、地域の人々と温かな人間関係を築き、適切なコミュニケーションをとり、連携・協働することができる (Ⅰ-1-①②、2-①と重なる)
③ 保育者に必要な幼児理解や学級経営・組織運営力の基礎が身についている
④ 保育内容を基本的、総合的に理解し、その指導力が身についている



教育課程の編成・実施の方針:カリキュラム・ポリシー 「どのような教育を行うか」


本学の教育理念を実現するため、ディプロマ・ポリシーで示した人材を育成するために、保育科単科の本学では、大きく「教養科目」と「専門教育科目」の2領域に分けて科目設定を行っています。

◆「教養科目」は、建学の精神に関する理解を深め、本学での学びとキャリア形成を支援し、また、人間として、保育者として幅を広げるためのもととなる教養を高め、健康の維持・増進を図ることを目的とした科目で「教養科目」「外国語科目」「保健体育科目」「情報機器の操作」の領域で構成し、設置しています。「外国語科目」は国際共通語の1つである英語教育科目を設置していますが、幼児教育の現場で活用できる学習となる内容構成にしています。

◆「専門教育科目」は、保育・幼児教育の理念と原理を学修し、保育・幼児教育の実践に必要な専門知識や技能を身につけられるように、「保育・教育に関する科目」「福祉に関する科目」「保健・栄養に関する科目」「保育の心理学(保育対象の理解と支援)に関する科目」「保育内容・方法に関する科目」「保育・教育の実習・実践に関する科目」の6領域に渡って科目を設置しています。

◆実際に保育の現場で働くために必要な保育士証、幼稚園教諭免許状の取得できるように、さらに、保育士、幼稚園教諭としての実践力が身につくように「教養科目」と「専門教育科目」に含める教科目を重層的に構成しています。

◆資格・免許取得に関連して、「保育・教育の実習・実践に関する科目」の領域として、学内での事前・事後指導も含めて実習科目を設置し、保育者としての実践力の基礎を育み、グループによる演習形式で、保育内容研究及び実践演習を行う科目を設置しています。

◆実践演習に関しては、本学の全専任教員(現場経験者を含む)と、現場に立つ保育者の指導により、各自今までの保育に関する学びを振り返りつつ、全面的に各自の学びの見直し、深化させ、実践力を高められるよう、学びの統合、総合化を図れるようにカリキュラム構成しています。

◆所定の科目を2年間で履修することにより保育者としての専門知識や技能の修得に加えて、キリスト教の精神Ⅰ・Ⅱ、教養演習、保育総合演習の授業、行事、日常生活、課外活動を通じて、建学の精神である「愛と奉仕」の精神、問題解決力、表現する力、実行する力、礼儀・マナーなどの「人間力」、保育者としての「コンピテンシー(有能性)」を高めることができるように支援していくことも、本学の広義の教育課程と位置づけ、行事を企画・指導、日常生活の指導・支援、課外活動の奨励・支援を適切におこなっています。

◆保育者になるという目標を明確にし、専門職者としての職業意識を高めるため、保育・幼児教育の専門教育と連携させつつ、教養科目の枠内で、1学年の教養演習、2学年年の保育総合演習の授業の中にキャリア教育・支援のための時間を設定しています。


平野恒